ワンオペ ワーママ人事のあれやこれや

アラフォーのワーママで人事です。平日はほぼ完全ワンオペ。働き方/子育て/ワーママ/キャリア/女性のキャリア/働く女性の美容健康 などなどについて

雅子さまは、まさに令和を象徴するような女性像

今年は、令和になり、天皇即位の礼があったり、最近も祝賀パレードもあったりで、皇室の話題を見聞きすることが多いですよね。

中でも、雅子さまに改めて注目をされているように思います。

 

私個人的には職業柄もあり、雅子さまのキャリア、というより輝かしいキャリアを断念して皇室入りしたその選択に、とても感心がいきます。

 

雅子さまの世代の女性って、男女雇用機会均等法が施行された頃に社会に出られた、いわゆる「均等法世代」にあたると思います。

私は、2000年代になって社会に出た、いわゆる「育休世代」。完全ではないにしても、上の世代の方々の時代に比べれば格段に、制度も環境も整備されているだろうな、と。

 

「育休世代のジレンマ」(「育休世代」のジレンマ 女性活用はなぜ失敗するのか? (光文社新書) https://www.amazon.co.jp/dp/4334038166/ref=cm_sw_r_cp_api_i_7bnZDbYY183ZJ)という本にもあるように、我々世代では以前よりもいろいろ整っているはずなのに、辞めてしまったり、働いていても働きづらさを感じている。

そして、整ってきた、とも分かっているからこそ、それ以前の均等法世代の方々は、どれだけの苦労や戦いをしてきたのだろうか、と思うと尊敬を超えて畏怖の念さえあります。

 

雅子さまはそんな時代に、キャリア官僚として外務省に入省され、どれほどの期待と志を持っていたのだろうか、と思うと、皇室という選択をするのに、どれほど悩んだのだろうか、よく決断したなと想像しただけで私も胸がいっぱいになります。

外交官を志していたことを思えば、皇室という立場で外交を行うことに意味を見出せたからこそなのだろう、と感じます。

 

もちろん、私の想像の域を超えない話です。

でも、自分もキャリア女性にたくさん関わってきた経験からも、次元は違えど(キャリア官僚から皇室なんて特別すぎる経験の人は当然ひとりもいない、という意味)、キャリアが思い通りにいかなかったときの葛藤を思ってしまうのです。

 

長くご病気をされていたことも、そんなことや、皇室という閉ざされた世界でのご苦労があったのだろうと思います。

 

そんな雅子さまだからこそ、いま多くの女性の共感を集めているのだろうと思います。

私の友人もSNSなどで、雅子さまに共感するような発言をたびたび目にしました。特に、ワーキングマザーや、起業家の女性たちなどから。

まさに、今を象徴するような存在であり、勇気づけられる存在なのだと思いました。

 

 

皇后となられて、海外の来賓の方々とのご対応を見る限り、とてもいきいきしていて、本来のお姿というか、本領を発揮し、やりたかったことができているのかなと思います。

高い教養と、語学力を持つ雅子さまの皇室外交を、一国民として本当に誇らしく感じます。

そして、そんな雅子さまを選んだ天皇陛下(まだ皇太子って言いそうになるけど 笑)は、見る目があり、先見の明もあったのだなと思うのでした。

 

 

令和という時代がすばらしい時代になりますよう…。

 

夫に家事の協力を求めるか問題

ブログタイトルのとおりですが、平日の私はほぼワンオペです。

 

台風の日でも会社に行くような、ザ・サラリーマン的な夫。

朝も早く出て、夜も遅く帰ってくるので、丸1日子供と顔を合わさないこともザラ。

 

なので、子供の保育園の送り迎え、食事やお風呂、寝かしつけも全部私がやります。

 

という話をすると、もっと夫に協力させないのか、とか、夫に腹が立たないのか?とか言われます。

 

が、私は、その状況である夫には全く腹も立ちません。

と言うとさらに驚かれます。

超キャリアウーマンの方々には、旦那を使わないなんて信じられない、くらいの顔をされます。

 

でも。

夫個人に求めても本質的に解決しなくないですか?

と私は思っています。

もちろん、手伝ってもらった方が私は楽ですよ、そりゃ。

でも、どちらかというと私は、夫個人に対してではなく、そういう状況を生んでいる社会や会社の方に憤りを感じるし、問題意識を持っています。

 

少なくとも、夫は土日は娘のことを見てくれることも多いし、娘のことは大好きだと思うので、ただ子育てに非協力的なだけではないだろうという前提ではありますが。

夫だって組織の論理の中で動いているわけで。

残業も多く、男性の子育てに理解があるわけではない超オールドスタイルな日本の大企業の中で、夫の個人的な努力だけに期待するのも酷というか筋違いというか。

 

そもそも、みんなが残業せずに定時で帰るのが当たり前だったり、男性でも育児したり育休取ったりが当たり前だったり、そういう社会になれば個人の頑張りだけに頼らなくていいんじゃないのって思うだけです。

まぁ、世の中、確実にその流れにはなってますけど、「当たり前」になるにはまだまだですよね。

 

 

とは言っても、働いているのはお互い様なんだから自分ばっかり犠牲を払ってるって思わないのか?とも言われます。

っていうか、娘のことが大好きだから、「犠牲」なんて思ったことないけすけど!!!

 

子育てに時間を割くことが、犠牲を払っているなんて発想ないです。子供と一緒に過ごす時間、保育園の行き帰りだって、幸せな時間だなって私は思っています。

子育てすることが間接的にマイナスに働くような会社は辞めましたし。詳しくはコチラ↓

ワーママの転職、その後 - ワンオペ ワーママ人事のあれやこれや

うちの場合はたまたま私が対応できたのでしましたが、父親でも母親でも柔軟に対応できる方がしたらいいんじゃないでしょうか。

 

でも、犠牲と感じる人がいるっていうことは、やっぱり、子育てによって何かを手放さなきゃいけない社会だからじゃないですか?

と、やっぱりそこに行き着きます。

 

個人のがんばりに頼るんじゃなくて、社会が変わらないといけないし、変えたいと思っています。

 

.

.

.

なんてことを、WBS(ワールドビジネスサテライト)を見ながら書いていたら、パナソニックのフェローに就任された松岡陽子さんという方について取り上げていて、とても気になりました。

 

とてつもないご経歴とご実績がありながら、4人もお子さんがいらっしゃるとか。

 

もちろんプライベートのことは知る由もありませんし、アメリカだからできたことなのか、とか、この方の能力がずば抜けてるからなのか、とか、もあるかもしれません。

でも、少なくともキャリア(しかも人並外れたキャリア)と子育ての両方を成し遂げられていて。

 

しかも、そういう生活を解決したいとお考えなんだとか。

グーグルからパナへ 松岡陽子氏が強調する、徹底した「ユーザーファースト」:朝日新聞GLOBE+

 

パナソニックでの活躍も楽しみですね。

この方、これから注目していきたいです!

airClosetやめました

ここ何ヶ月かairClosetという、服のサブスクリプションサービス(月々の定額制で借りられるサービス)を利用してみたのですが…

 

…すぐやめましたー

 

もともと、子供が生まれる前は、けっこうファッションにはこだわりのあった方だと思うのですが、子供が生まれてからはゆっくり買い物にも行けず。1日買い物で街をブラブラなんてことは、ほぼなくなりました。

というわけで今はネットで買うことがほとんどに。

 

そうするとどうなるか。

 

  • 街をブラブラして買い物自体が楽しい行為だったものが、必要な衣服を探すというただの作業になる

       →ネットで探している時間が無駄だと感じるようになる

  • 明確な目的で探すので偶然の素敵な出会いがなくなる

      →無難で同じような服ばかりになる

  • 実物が見れない

      →イメージやサイズが違って返品することもあるけど、一度も着ないままのもの増える

 

などなど。

なんというか、楽しくないわ、ムダが多いわ。

 

それらを解消する策になるかな?と少しばかり期待して初めてみました。

通販サイトで服を探す手間が省けたり、思いがけなくかわいい服に出会えることがあるといいな、なんて。時間のないワーママの救世主になり得るか?と思ったんですが。

 

結局、airClosetではその不は解消されなかったんですよね。

 

なぜか。

 

  1. 送られてくる服がダサい(はっきり言ってすいません…)
  2. 何度好みや感想を伝えても改善されない(伝えればより好みに近づくとうたっているのに)

 

これにつきる。

 

流行り物やエッジのきいているものというより、当たり障りのない無難なものしかそもそもリストにない。

季節感のあるものを希望しているのに、真夏に黒の厚手の生地のパンツを送ってきたり、ガーリーなものは嫌いだと言っているのに胸元にフリフリのドットのブラウスを送ってきたり。

百歩譲ってダサい服しかなく、スタイリストにセンスがないとしても、季節感くらいわかるだろー、と。

 

で、気づいたんです。

 

万人に対応できるもののみを扱い、好みだろうと何だろうと、在庫のあるものを送ってくる。ただそれだけ。

気軽に流行り物を試せたり、自分でも気づかない意外なおススメがあったり… なんてことは期待できません。

 

 

というわけで、振り出しに戻る。

 

またムダなネットショッピングで調達する日々に戻りました。

 

いい解決方法はないかなー

また何かワクワクするサービスがあれば使ってみたいです。笑

 

 

子供との外食の罪悪感

はい、都合の良い記事を見つけましたー。笑

罪悪感は必要なし 外食・中食を子供と賢く楽しむ|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE

栄養バランスに気をつければいいってことですね!(←ポジティブw)

 

実は我が家はかなり外食率が高いのでは、と思っています。

平日5日のうち、1-2日は夕食が外食。昼は仕事なのでほぼ外食。

土日は、昼食はほぼ外食、夕食もちょこちょこ外食かデリバリーしてます。

 

実際どうなのかと思って外食率のデータを調べてみたのですが、厚労省のデータによるとやはり我が家は外食率高い方だといってよさそうですね。

第1部 食生活状況について

外食頻度は、男性の20~59歳で高く、3割前後がほとんど毎日1回以上利用していた(図3)。女性は、男性より利用頻度が低かった。女性において、ほとんど毎日1回以上外食する者の割合は、20歳代で高く、21.1%であった。

 

ちなみに、小さい子供がいる世帯に限るともっと少ないのでは?という感覚です。

まわりの話を聞く限り、世の中のワーママたちは、ちゃんと毎食夕飯を作っているのでは、という気がしてなりません。

パパが作っているケースもよく聞きますが、いずれにしても誰かがちゃんと手料理してる印象です。

 

それってほんとすごいですよね。

 

うちも夫婦フルタイム勤務ですが、時間的にも気持ち的にも余裕がないときはあっさり家事を諦めます。笑

 

ちなみにうちの場合、保育園と家の間に、これまた都合良く、飲食店も入居するオフィスビルがありまして。最近は保育園の帰りに子供からお外で食べよう〜と誘ってきます。

そしてこっちも夕飯を作るのがめんどくさいと、まいっかーとなるのが日常茶飯事です。笑

 

家事代行も使い、もろもろアウトソースしたこともあります。(今は定期的な掃除以外はいったんやめていますが…)

 

 

日本のワーママたちは、仕事も家事もカンペキにやろうとしすぎてるんじゃないか、と思います。

"日本式共稼ぎ"はなぜこれほど疲弊するか | PRESIDENT WOMAN | “女性リーダーをつくる”

「こんなに疲弊しているのは日本くらい」ってほんとソレ、です。

欧米はもちろん東南アジアを見ても、夫婦ともに仕事が忙しい場合は家事をアウトソースしています。仕事も家事もこんなに長時間やり、疲弊しているのは日本だけ。

 

.

.

.

と言いながら、本当はもうちょっと丁寧に暮らしたいなーというのが正直なところ。

個人的には単純に「外食=悪」みたいには思ってないので、うまく利用したいなーと思っている(せざるを得ない)のですが、やっぱり栄養や添加物を考えると、100%良いとも思っていないというのも本音。

 

 

私の気持ち的な家事の優先度は、料理>掃除>洗濯。

本来なら料理はちゃんとしたいし、いい食材で丁寧に自分でご飯を作って食べたい。

 

でも結果的にはそうはなってないし、現実的には毎日は私にはなかなか難しい。 

 

そういう意味では、まだ自分にとって快適な暮らしと仕事と、最適なバランスではないなーと思っています。

 

何かを変えないと生活リズムは変わらないので、これもまだ探りさぐり。

 

みんな本当のこところどんな感じなのか、子育て世帯のリアルな食生活、覗いてみたいなぁ〜。笑

 

 

 

続・認証保育園から認可保育園への転園 〜3ヶ月経過後〜

この4月で娘の保育園を転園するか悩んでいると以前に書いたのですが、

認証保育園から認可保育園への転園 - ワンオペ ワーママ人事のあれやこれや

結局、転園しました。

 

当然、最初は毎日泣いて過ごし、ご飯も全く食べられずに帰ってくることもしょっちゅう。

慣れない環境でお昼寝もなかなかできなくて、ほとんど寝ない食べない生活が1ヶ月くらいは続いていました。

見た目にもなんだか痩せてしまい。

 

娘もこれから、いろんな場面で、環境が変わることや、新しいところや人に慣れなければいけない場面もあるだろうから、いつかは避けては通れない道だと自分に言い聞かせたり。

本来とても社交性も高く、お友達と遊ぶのが大好きな子だから、時間が経てば大丈夫だと信じたり。

 

とはいえ、毎朝、保育園に行きたくない、と言う娘を思うと、胸が張り裂けそうでした。

 

.

.

.

が。

 

3ヶ月が過ぎた今…

 

毎日めちゃくちゃ全力で楽しんでる!!

いやー、よかったよかった… 笑

 

 

転園前のブログには、いろいろ転園先の園についての懸念も書きましたが、通ってみればとても良い園で。施設の古さも、認可の厳しさも、気にならなくなりました。(厳しさ、については、たいして厳しくなかった、という)

 

それよりも、大規模認可園ならではの良さを感じることが多く、このタイミングで転園できたのはとてもよかったと思います。

 

前の園は2歳児までの認証保育園で、ひと学年の人数も少なかったのですが、今は0歳児から5歳児まで揃い、ひと学年の人数が前の園の全学年分くらい(24人)いるという規模。

目が行き届くのかな、と不安に思ったりしましたが、担任の先生の他にも学年フリーの先生や非常勤の先生もたくさんいて、逆にいろんな先生に見てもらって、遊んでもらっています。

非常勤の先生方も、年配のベテラン先生ばかりで安心感があり、娘の一番のお気に入り先生も非常勤の先生です。

 

また、お友達もたくさんできるのも良い点だなと思います。

0-1歳児でお世話になった認証の園はとてもアットホームで大好きでしたが、2歳の今は、物事の理解も進み、行動範囲も広がっているし、たくさんのお友達と交流できるのはとてもいい刺激になると感じています。

同じ学年だけでなく、前後の子たちとも交流があり、大きなお兄さんお姉さんに遊んでもらったり、やることを見て学んだり。小さい子の面倒を見てあげたり。(まだ面倒というほどでもないので、自分より小さい子の存在や扱いに慣れる、くらいですかね)

 

人数が多い(子供だけで120人!)ので、園の中でのイベントも本当に一大イベント的。最近も、園で夏祭りがあったのですが、お神輿(お手製)があったり、飾り付けも賑やかで、すごい盛り上がりです。

 

 

などなど、今のところ、いいことがたくさんあります。

 

転園前、そして転園直後はいろいろ悩みましたが、結果的に転園してよかったと思います。

 

でも、懸念していたような、認可だからとか、区立だからとか、何歳ならとか、みたいなことの絶対の正解なんてやっぱりなくて、それぞれの事情や、その子の性格や、いろんな変数のもとのたまたまの結果ではあるかもしれません。

ほんと、子育てに正解はないですもんね。

 

.

.

.

前の園といい、今回の園といい、とても良い園に恵まれたのは娘の引きの強さかなー、と。

これからも周りや人に恵まれる人生であってほしいなと切に願っています。

 

 

 

無意識のジェンダー意識の刷り込み

無意識のジェンダー意識の刷り込み、なんて大げさかもしれませんが、パンツの話です。笑

 

 

娘は2歳で、トイレトレーニングも順調に進んでいて、最近いわゆる【おねえさんパンツ】なるものをはくようになり。

保育園用にパンツを新調するために、娘に「何のパンツがいい?」と聞いたら、「んー、トーマス!」と返ってきたんです。

 

本人が気に入ってはいてくれるのが一番なので、オーケーオーケー、トーマスね!と思って探したんですが、ないんですよ、女の子用のトーマスのパンツ。

いちおう、男の子用の【おにいさんパンツ】はブリーフ型になってるから、子供用とはいえ女の子用とは形が違うようで。女の子用のパンツの型にトーマスの絵柄が描いてあるものはないか、と思ったわけなんですが、要するにこれがないわけなんです。

 

まぁ、メーカー側からすれば確実に売れるものを作りたいだろうから、男の子用はトーマスのパンツを出す、というのはよくわかります。

そこを非難したいわけでは全くなくて、乗り物=男の子、プリンセス=女の子、的なものって、逆に、そういうものに触れる機会が多くなるから好きになるという図式でもあるのではーと思うわけです。身近な方に愛着を持つこともあると思うので。

 

今のところ、うちの娘は、一般的には男の子が好きとされるような、トーマスも電車も虫も野球も好きなんですよね。

f:id:athanow:20190501082752j:image

だから、トーマスがいいと言うならトーマスでもいいよって思ってるんですけど、パンツだってお洋服だって、女の子用のトーマスはあまりないので結局キティちゃんになっちゃったり。(逆に男の子用のキティちゃんってないですよねー)

 

 

ちなみに、私のまわりには、家にテレビを置かない人や、子供には見せるものを限定している人がチラホラいますが、うちは、Eテレの番組や、アンパンマンなど、子供向けの番組も特に何も制限をしていないので好きなものを見ています。

見る時間は多少気にはしているのと、スマホYouTubeは際限ないので見せないようにしていますが、Eテレってよくできてると思うので子供には適度に刺激になっていいなと思ってるくらいです。

トーマスも普通によく見てます。

 

 

子供には、いろんな先入観を持たせずに育てたいなーと思っているんですが、

「女性だから」「男性だから」

「男らしさ」「女らしさ」

みたいなことって、こういうちょっとしたことから無意識的に育まれてしまうのかも、と思うのでした。

 

 

というわけで、令和になったところで、パンツの話題から始めてしまいましたが。笑

うちの娘は平成生まれですが、きっと令和という時代で青春を過ごすことになるのかな。娘が生きる時代が、平和で公正で、もっと自由で柔軟な発想で生きられる世の中でありますように。

 

 

上野千鶴子先生の東大入学式での祝辞からの回想

上野千鶴子先生の祝辞が話題になってますね。

平成31年度東京大学学部入学式 祝辞 | 東京大学

 

上野千鶴子先生を来賓として祝辞を読ませた東大の意図というか意思もすごいな、と思います。

賛否両論あるようですが、私も個人的な経験とオーバーラップする部分もあり、共感もしたし、まだこんな世の中なんだという憤りがフツフツと再燃… な内容でした。

 

私が最も共感しているのはこの部分。

あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています。そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと...たちがいます。がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます。

 

私が大学を卒業して社会に出たのは2000年代前半の就職氷河期でした。

そしてそのときに私も、女性として、「がんばっても報われない」をまざまざと感じたことを、改めて思い出しました。

 

もっとも、私は東大卒ではなく、いわゆる早慶的な私大でしたが。それでも、就活も同級生の男子となんら変わりなくしていたつもりでした。が、そんな私を待っていたのは、

  • とある大手損保の面接が、同級生男子たちはとっくに始まっていたのに、私が呼ばれたのは1-2週間経ってから。そしてそこには私と同じ大学の女性と、少し下の大学群(←大変失礼な表現ながら、この会社がそのように候補者を区分していたという意味で、ここではあえてこのように表現します)の男子学生が集められていた。女性というだけで二軍扱いなのだ、と悟った。
  • とある大手メーカーにエントリーしたら、秘書はどうか?と言われ、面接に行ったら女性ばっかり集められていた。それって勝手にコース違うの?という疑問。
  • とある大手総合商社の英語の試験に、同級生男子と受けに行ったが、その後私にだけ連絡が来なかった。ちなみに私は海外経験もあり英語はできた(なんならその子に私の回答をカンニングさせてあげていた←これはこれでアウトだが)ので、試験の結果だけとは考えにくい。都合よくスクリーニングするための理由にするだけだと理解した。

などなど…。

えーー、まだそんなこと、露骨にやるんだ、、と。

想像してた以上に、明らかに差別されている、と感じました。

 

もちろん、上記の会社でも女性は採用されているはずだし、自分の実力不足だったのだと思います。そこを棚に上げるつもりはありません。

ただ、実力だと言ってしまえばそれまでですが、上野千鶴子先生も触れている医学部の入試不正問題と同じで、違う力学が働いていたことは事実で、確実に機会は平等ではなかったと思います。

当時はまだ今ほど企業も女性の採用には積極的でなく、一定数女性も採らなきゃいけないから一応採る、くらいの温度感だったな、と思います。

 

 

結局、そんなにウェルカムに思われてないところで余計なエネルギーをつかうより、女性でもまっとうに戦えそうなところに行きたいと思い、女性がメインのカスタマであるFMCG系のメーカーに就職しました。

 

今になって思えば、今私がHRの仕事をしていることも、女性のキャリア支援をひとつのテーマにしていることも、このときの就職活動の経験が大きな動機のひとつになっています。 

 

 

 

でも、やっぱり上野千鶴子先生がおっしゃったように、

あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。

なのだと感じています。

本当に、両親や周囲で支えてくださった方々あってこそです。

 

先生の言う、ひとびとを助ける、なんておこがましいですが、大学の祝辞でこのようなメッセージを発信しなくて済む世の中になるように、私も何か一石を投じられるようにがんばります。